離婚したあと結婚指輪ってどうする?

離婚をすると、案外処分に困ってしまうものに
結婚指輪があります。

女性の場合は、婚約指輪もそうかもしれませんね。

実は私もこの指輪の処分をどうしようか本当に
悩みました。

私の場合は海だったか、川だったか(忘れました)に
捨てましたよ。

えいっ!てホン投げたのを覚えています。

離婚したみなさんは実際、どうしてるんでしょうかね?

今回は離婚後の指輪の処分について書いてみました。

Sponsored Links

結婚指輪の処分の選択肢は

実際に離婚してみて初めてその処分に困るもの、
それが指輪です。

離婚をこの結婚指輪を皆さんどうしているのか
いろいろ調べてみましたところ選択肢は5つありました。

1、「捨てる」

2、「返す」

3、「売る」

4、「リメイクして使う」

5、「そのまま持っている」

でした。

捨てる

指輪を捨てるのは特に男性に多いようですが
全体でも53%の人が捨てると答えました。
(GINZA貴金属調べ)

わたしのように海に捨てる人もいれば、土に埋める人
そのままゴミ箱に投げ捨てる人、いろいろですね。

指輪を捨てる人はとにかく仲が悪くなって
離婚した人達に多いようです。

返す

これは女性に多いそうです。

(実は私も離婚するときに元妻がいちど指輪を返してきましたが
全力で拒否しました。。。)

逆に配偶者から指輪を返せと言われた人もいるみたいですね。

ちなみに結婚指輪や婚約指輪は無償贈与にあたるので
返す必要はないそうです。

Sponsored Links

売る

売ってしまう人もだんだん増えてきているようです。

それを扱う専門業者もいるとかいないとか。。

ダイヤに関してはだいぶ安く買い叩かれるみたいですが
プラチナや金は溶かして再利用するので割と相場の値段で
引き取ってもらうことができるみたいです。

指輪を売って今後の生活の足しにするのも良いのですが
私としてはそのお金でパーっと飲みに行くことをお勧めします。

なんとなく景気づけになりそうですよね。

リメイクして使う

これも女性に多いそうです。

石だけ残してリングのデザインを変えてしまえば
見た目は全く別の指輪に変身します。

捨てるのも惜しいと思っている方はいフォーム
してみてはいかがでしょうか。

そのまま持っている

捨てるのもなんだし、売りに行くのも情けない。

ぐずぐず悩んでいるうちにどこかにしまいこんでそのまま
忘れてしまった。

そんな経緯でそのまま持っているという
ケースだそうです。

まとめ

いろいろな処分方法があるみたいですね。

私は「捨てる」という処分方法を選んだわけですが
今になってみると、売ったお金で飲みにいちゃったほうが
よかったかなと思っています。

だって、なんとなく厄除けみたいな感じしませんか?

何れにしても自分に合った処分方法を選んで
明るく前向きに次の人生のスタートを切りたいものですね。

今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする