離婚後の生活が不安なら予行練習をすべし!

離婚を考えるという事は書類や慰謝料のことだけを
考えればいいってことじゃないんですよ。

もちろんそれも大事なんですがもっと大事なのは
離婚後のこと。

離婚に向けて話し合っているときは
気持ちが戦闘モードになっていたり
またはパニックになっていたりして
なかなか気が回らないんですが

本当に大変なのは離婚してからなんですよね。

僕の場合もしばらくの間は生活の変化やお金のやりくりに
頭を悩ますことになりました。

そこで僕のオススメですが離婚というものを考えたら
ちょっとシミュレーションしてみるとよいのでは
ないかと思っています。

先日も友人にそんな話をしたところなんですが
今回はその時の内容をまとめてみました。

Sponsored Links

お金

まずはお金のこと。生活費ですね。

人は生活するのにお金が必要です。

基本的な衣食住、子供の養育費、今後の貯蓄
保険、税金、レクリエーション費や交際費などなど。

離婚後の生活に一体いくらかかるのか
綿密に計算しておくことをすすめします。

特に離婚直後は思わぬ出費が続くことがありますので
少し多めに計上しておくくらいがいいでしょう。

離婚後にあなたの手元にあるお金や
あなたの収入、慰謝料や財産分与、養育費
などのお金でどれだけまかなうことができるのか
厳しくシミュレーションしてみましょう。

離婚後はちょっと人恋しくなるので
僕の場合、けっこう交際費がかさんだことを覚えています。

気晴らしのためのための経費をできれば
多めに見積もっておきたいところです。

生活

次に生活。

特に男の場合、今まで奥さんにやってもらっていたことを
自分でしなくてはなりません。

仕事をしながらこれらのことをやっていくので
離婚直後は手が回らず生活がすさんでいったことを
覚えています。

掃除や洗濯などは家電まかせである程度は
大丈夫ですが、やはり困ったのは食事。

100パーセント外食というのもお金がかかるし
何よりも体によくないですもんね。

やはり少しは自炊できたほうがいいと思います。

別に料理教室に通えというわけではありませんが
簡単にできる料理を5つぐらいはレパートリーとして
練習しておきましょう。

僕の場合はクックパッドが大変役に立ちました。

Sponsored Links

気持ち

意外と大事なのがこ「の気持ち」の部分です。
今まで一緒に暮らしていた人がいなくなるというのは
想像以上に寂しいものです。

寂しさを紛らわすために友達と飲みに行ったり
遊んでばかりいても交際費がかさんで
大変なことになってしまいます。

ある程度は孤独に耐えるため、1人でいる
練習をしてよくことがよいでしょう。

休みの日、家族が誰もいなければ
いちにちじゅう部屋に閉じこもり誰とも会話せずに
過ごすという練習をしてみると良いと思います。

それが無理ならば、家族になんとか言い訳をして
ビジネスホテルに1・2泊して経験してみましょう。


そうすると、この止まってしまったような時間をどうするか
と考えるようになります。

結論を言うと、なにか新しい趣味でも始めるのが
いいかと思います。

変な言い方ですが、せっかく離婚するのですから
今まで相手に気兼ねしてできなかったことに
挑戦してみようなんて思えると、前向きになれて良い
んですけどね。

まとめ

最初から1人の生活を謳歌できる人であれば全く問題ありません。

しかし自分がそうではないと思うのであれば
いちどいろいろな角度から擬似離婚を体験してみることを
お勧めいたします。

案外、離婚を思い止まったりするかもしれませんね。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする