浮気と不倫の違いを知っていますか?

いつも離婚原因の上位に来る「浮気」と「不倫」。

同じような意味で使われているこのふたつの言葉ですが、実ははっきりとした違いがあるって知ってました?

いったいどんな違いがあるのか具体的に見ていきましょう。

Sponsored Links

それぞれの言葉の意味は?

「浮気」とは「肉体関係の有無に関係なく、自分のパートナー以外の人に心を移すこと」を意味します。

つまり、結婚していなくても適用されます。

いわゆる恋人同士の場合、その片方が別の異性と交際をすると「浮気」となるわけです。

対して「不倫」は、「どちらか一方、あるいは両方が既婚者であり、配偶者以外の異性と関係を持った時」に使われます。

現代の「一夫一婦制」という結婚制度から外れた男女関係を意味して使われることが一般的です。

また「不倫」とは、本来は「道徳から外れること全般」に使われていた言葉なので、「浮気」よりも重罪な感じがしますね。

Sponsored Links

それぞれの線引きはどこから?

「どこからが浮気か?」という線引きは実にあいまいです。

「キスをしたら」、「手をつないだら」、「二人きりで飲みに行ったら」など、浮気のボーダーラインは人それぞれとなっています。

やきもちやきの恋人を持った場合、知らないうちに友達の間であなたは浮気性と言うレッテルを貼られているかもしれませんね。(笑)

一方、「不倫」の境界線はきわめて明確です。

ズバリ、「相手と肉体関係を持ったら」と言うことになります。

法律的にはどうなの?

世間でよく使われる「不倫」や「浮気」ですが、驚くことに民法上にはこの言葉はないんですね。

これらは法律の世界では「不貞行為」と呼ばれています。

「不貞行為」とは配偶者以外の異性との性交渉などの肉体関係のことを指します。

先ほど、「浮気」のボーダーラインは人それぞれと言いましたが、不貞行為のなかには「手をつないだり」「キスをしたり」という行為は入っていないので、裁判を検討中の方は注意しなくてはいけませんよ。

法律上は性交渉をしない限りは不貞行為にはならないということですからね。

まとめ

不倫が原因で離婚を決意した人は、その話し合いがもつれ込んで調停や裁判までに発展した場合、不倫相手との肉体関係の有無を証明しなくてはいけないと言うことになるので大変です。

もちろん肉体関係が証明できないからといって離婚が必ずしも成立しないわけではありません。

例えば、相手との密会が多く、育児に非協力的だったりすれば、話は別ということになりますからね。

不倫や浮気といった言葉の定義は正直どうでもいいのですが、不貞行為の定義はしっかり覚えておいた方が良いかもしれませんね。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする