離婚した後の立ち直り方【男の場合】

離婚協議を進めている間は互いに離婚したほうが
シアワセになれると信じて突き進んでいます。

その時にはあまり気付かないのですが
離婚後に突然大きな無気力感に襲われるんですね。

私の場合もそうでした。

がらんとした部屋、なくなった家具、そして
今まで一緒にいた人がいなくなったこと。

寂しさと後悔の中でおろおろしちゃって
なかなか立ち直れなかったんですね。

今回は離婚後のそんな状態からの立ち直り方を
書いてみたいと思います。

完全に体験談ですが、立ち直る際の参考にしていただければ
と思います。

Sponsored Links

離婚した直後は無気力との戦い

今のあなたと同じように、私もネットで離婚からの立ち直り方を
何度も検索したのを覚えています。

家具が半分なくなったがらんとした部屋は意外とこたえるんですね。

それに、どんなに仲が悪くても、いつもいた人がいないって
慣れるまで時間がかかるものなんです。

寂しさと喪失感と後悔で、何もやる気がしなくなって
生活も乱れ、どんどん荒んでいきました。

食欲はあるけど食べるのがめんどくさいので食事も
あまりとりませんでした。

鏡を見れば、ヤセこけて髪がぼさぼさの自分が映っています。

仕事中も集中力を欠き、ミスを連発。

このまま生きていてもいいことなんかあるんだろうかって
感じでした。(笑)

そんな状態が1ヵ月ほど続いたあと、突然「このままではいけない!」と
思い立ち、いろいろと立ち直り方を模索し始めたんですね。

立ち直りに効果があったこと

立ち直るためにイロイロト調べていくうちに
大前研一という人の言葉に出会いました。

「人が変わるためには3つ方法がある。
     1つは場所を変える
       2つ目は付き合う人を変える
         3つ目は時間の使い方を変える。」

というものでした。

これを目にしたとき、「これを参考にしよう!」と思ったですね。

まず、引っ越しをすることにしました。

今よりも小さな部屋になりますが、より都心に近い便利な場所で
家具やカーテンなども、完全に自分の好みで選んでみました。

これはかなり効果がありました。

今までの部屋での思い出や後悔に振り回されることが
完全になくなりました。

次に、会社以外の人と出会える場所を探しました。

わたしの場合は、あるビジネス系のセミナーに参加したんですね。

こういうところには、とても意識が高くエネルギーに満溢れた人たちが
多くいて、一緒にいると自分がどんどん元気になっていくのがわかりました。

個人的にとてもオススメです。

ちなみにこの時出会った人たちとは今も交流が続いています。

そして3つ目、時間の使い方を変えてみました。

具体的に言うと、夜仕事から帰ってからジョギングをするようにしました。

家にいても今までぼーっと時間を過ごしているだけだったんですが
その時間を使って新しいことを始めてみました。

(ちなみにジョギングのような単調な連続運動は、人間の脳に
快感物質を分泌してくれるため、気分が高揚して前向きに
させてくれるそうです。)

Sponsored Links

最後は時間が解決か?

私の場合、大前研一さんの言う通りに
環境・人・時間の使い方の3つをいっぺんに変えてみたのですが
劇的に効果がありました。

引っ越しなどは費用もかかるし、事情があって誰でもできること
ではないかもしれませんが、その場合部屋の模様替えでも効果が
あるのではないかと思います。

もちろん同じように効果があるわけではないかもしれませんが
もしあなたが、なかなか立ち直れないでいる方であれば
ぜひ試してみることをお勧めいたします。

あくまでもきっかけなので、これで完全に立ち直れるという
わけではないですが、最後は時間が解決の手助けをしてくれます
ので大丈夫です。

まとめ

立ち直るとは嫌なことを忘れてしまうということとは違います

離婚後、ぽっかり空いたスペースにどれだけ良質のものを
入れていくことができるか。

このあたりが鍵になるかもしれません。

もしあなたが苦しんでいるのであれば、是非今回の記事を参考にしてみてください。

それでは!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする