浮気調査! 探偵の正しい選び方は?(その1)

仕事のバツイチ仲間のある女性と飲んで
いたときの話です。

夫の浮気を疑って離婚を考えていたとき、
確実な証拠入手にはプロの助けを!という
ことで、探偵に相談に行ったことがあるそう
です。

彼女は調査を依頼し、約3週間ほどで
見事、浮気の証拠をゲットしたそうです。

協議離婚でしたが、かなり有利な展開に
なって、本当に助かったと言っていました。

「結構、費用もかかって大変だったんじゃ
ないの?」

と聞くと、一番大変だったのは”探偵選び”
だったとのこと。

ネットで比較したり、無料相談を利用したり
して、かなり研究して絞ったらしいです。

たしかに探偵なんてものは、一生縁のない
人がほとんどですからね。

そこで今回は、いざという時の参考に
探偵の選び方について書いてみましょう。

Sponsored Links

探偵選びの基準は?

探偵業は今、公安委員会に届けを出して
いる業者だけで、全国で5000社を超え
ています。

また、毎年500〜600社が新規で開業し、
同じくらいの数の業者が廃業しているそう
です。

そんな中からひとつを選ぶのは、本当に
大変なことだと思います。

あなたにとって良い探偵に出会えるか
どうかは、まさに運かもしれません。

しかし実際、運まかせというわけにも
いきませんから、多くの人が参考にする
「探偵選びの基準」を見ていきましょう。

届け出をしている

2007年に探偵業法が施行される前は
探偵業に関する法規制などはほとんど
なかったみたいですね。

いまは、一応届出制になっているので、
昔ほど悪質な業者はいなくなったようでは
あります。

今、探偵業を名乗っているところはほとんど
届け出をしているはずなので、探偵選びの
目安にしなくても良いかもしれません。

しかし、小さな探偵社や個人でやっている
探偵などは、一応、届け出番号などを
地域の警察署に確認すると良いと思います。

適正価格・明朗会計である

調査会社の料金体系はけっこう複雑で、
わかりにくいイメージですよね。

調査費でぼられないか不安になる方も
いるでしょう。

一応相場みたいなものがあるので、参考に
されると良いと思います。

よくある相場ですが、

調査員1名で1時間、10000円〜12000円が

が目安と言われています。

もちろんこれは人件費だけなので、実際には
これに諸経費や、場合によっては成功報酬など
が上乗せになってきます。

また、調査員は1人で動くことはほとんどなく
複数のチーム体制をとりますので、人数分を
かけた金額になりますね。

見積もりから諸経費を抜いた金額を、人数で
割った金額が、上記から大きく外れていなけ
れば、一応相場と見てよいのではないで
しょうか。

実績がある

高い調査費をかけるわけですから、当然、実績
のあるところに依頼をしたいですね。

では実績ってどうやって見極めれば良いので
しょうか?

なかなか難しいのですが、ひとつの参考材料
としては、「どれだけ長く開業しているか」
ではないでしょうか?

毎年、5、600の探偵が廃業している中で
長く続けていけると言うのは、ひとつの健全性
の目安として捉えていいと思います。

あと、ホームページなどに、調査件数などを
記載している場合があります。

自分が依頼したい種類の調査をどれだけ
手がけているかは、ひとつの判断材料です。

まあ、あくまでも参考ということでご理解くだ
さい。

報告書の見本を見れる

これもけっこう重要です。

どのような形、質で報告してもらえるのか
を見ておきましょう。

場合によっては、それが裁判の証拠となる
ことだってあるのです。

それに耐えられる、しっかりとした報告書で
あるかどうかはとても大切です。

Sponsored Links

契約書をきちんと交わす

調査を依頼する業者が、きちんと届け出を
しているのであれば、契約手続きは普通に
行われるので心配ありません。

結局、ここで大事なのは、あとから、見積もり書
になかった、予定外の費用が請求されるという
トラブルを避けたいのです。

料金に関しては、しっかりと確認し、文書として
残っていることが大前提です。

アフターフォローが充実している

調査依頼者にとって、調査が終了し、報告を
受け取ったあとが、ある意味本番です。

ここからが本当の戦いという人が多いでしょう。

そこで、調査会社もさまざまなアフターフォロー
を用意しているところがあります。

裁判を見据えて、弁護士と連携していたり、
調査結果によるショックに対する精神的
サポートを、カウンセリングという形で用意
しているところもあります。

自分に必要なサポートがあるのであれば、
そこにお願いするのは、かなり手間が省ける
ので良いことです。

ばたばたする中で、いちから弁護士を探したり
するのは本当に大変ですからね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

あくまで私見ではありますが、先にでてきた
バツイチ仲間の女性にいろい意見をいただき
ながら書いてみました。

参考にしていただけそうですか?

探偵を選ぶことにどうしても自信がない
という方には、実は別の方法もありますので
こちらの記事を参考にしてみてください。

⇨ 別の方法とは?

こんなことを依頼する羽目にならない
ことが一番ですが、もし必要になったとき
あなたの助けになれば嬉しいです。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする