社内不倫がはじまる5つのきっかけ

同じ職場の上司・部下、先輩・後輩、同僚どうしなどで不倫関係になることがあります。

いわゆる社内不倫というやつですね。

普段から会っている時間が長い上に、妻からは見張ることができないところでの不倫。

この社内不倫は、いったいどういうキッカケから始まることが多いのでしょうか?

もっとも多い5つのケースを見てみましょう。

Sponsored Links

不倫のキッカケとなるベスト5

飲み会

きっかけとしてはもっとも多いのではないでしょうか。

日頃ため込んだストレスを発散させるべく、お酒も進んでしまいますね。

アルコールの力も手伝って、相手のことを以前から「ちょっといいな」と思っていたりすれば、話の進展も早いです。

帰りが同じ方向だったりすれば、一緒のタクシーで帰ったり、「ちょっと飲みなおそうか?」などと誘われて人知れず親密になるなんて話は本当によくあるのです。

残業

みんなが帰った後、二人だけで残業しているというシチュエーションも危険です。

夜も遅くまで仕事を頑張る姿は、お互いに魅力的に映ることもあります。

こんなシチュエーションが数回あれば、お互いを意識しだすことも十分ありえますね。

「今日も頑張ったね、帰りにちょっと飲んでいこう」とか、男からしてもとても誘いやすいですしね。

出張

男女社員二人きりで出張というケースは多分、減ってきているのではないかと思いますが、それでもまだあるところはあります。

先輩である男性社員が、後輩である女性社員を伴って得意先に訪問するなどというシチュエーションです。

あくまでも業務なので、初めから意識はしていないかもしれませんが、出張とはいえ小さな旅行みたいなものです。

いつもと違う場所で、お互いにいつもと違う面を見て意識し出すこともあるかもしれません。

またホテルに宿泊することになるのですが、いざとなったら条件が整っているだけに進展が早いのが特徴です。

Sponsored Links

相談時

主に上司・部下や先輩・後輩の間で相談事などを受けることがあると思うのですが、これもきっかけとして良く聞く話です。

仕事の相談だけの時はそうでもないのですが、だんだんプライベートな悩みまで相談されるようになってくると、親密度もかなり上がっているはずです。

もともと相談したいと思っているくらいなので、少なからず好意を持っている場合が多く、「場所変えて、飲みながら話そうよ」などと誘われて、そのまま一線を越える仲になっていくのです。

社員旅行

社員旅行もきっかけとしてはありますね。

ただ、旅行中にどうにかなってしまうというよりは、旅行中に相手の意外な魅力に気づいて好きになってしまうということが多いです。

いつもスーツ姿しか見ていない男性の意外におしゃれな私服姿や、女子社員の地味な制服以外の姿がとても新鮮で、互いに惹かれあったりすることも。

旅行から帰ってから、急に会話の回数が増えたり、ランチに行く回数が増えたりと、親密度が増すきっかけとなります。

まとめ

社内不倫の場合、一緒にいることが多いことから不倫関係になるのではなく、いつもは見られない意外な一面みたいなものを見たときにハッとしてしまい気になりだすということが多いのではないでしょうか。

まあ、これ以外にもきっかけはたくさんありますが、今回は代表的なものをいくつか挙げてみました。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする