離婚の慰謝料は「性格の不一致」でも貰えるか?

男女とも離婚原因の第1位は「性格の不一致」。

ところでこの「性格の不一致」で慰謝料は
請求できるのでしょうか?

この理由で離婚を考えている人には気になる
ところですね。

今回は「性格の不一致」と慰謝料のことを
書いてみました。

Sponsored Links

離婚原因が「性格の不一致」って?

現在の法律では「性格の不一致」と言う理由で
離婚することは認められていません。

ですので、これで離婚をする場合は協議離婚となります。
(つまり話し合って離婚に合意すること)

離婚の原因が「性格の不一致」だった場合、慰謝料はもらえるか?

結論から言うと、性格の不一致で慰謝料はもらえません。

慰謝料とは、どちらかが一方的に精神的または肉体的に
損害を受けた際に発生する損害賠償金のことです。

DVや不貞行為などが離婚の原因となっている場合には
その原因を作った側(有責者)へ、慰謝料を請求する事ができます。

しかし、性格の不一致は「お互いに問題があったよね」ということで
どちらか一方が慰謝料を請求できるということはありません。

例外的にそれが原因で婚姻関係が破綻したという
重大で明確な理由が認められた場合には
幾らかの慰謝料を請求する事もできるようですが
DVや不貞行為が原因の時に比べると、その額は
かなり低く、あまり期待はできません。

Sponsored Links

慰謝料ではなく「離婚解決金」

「でも知り合いに性格の不一致で離婚して慰謝料をもらった
という人がいたよ?」と言う方がいるかも知れません。

これは厳密には慰謝料ではなく離婚解決金と呼ばれるものです。

例えば、専業主婦など離婚後に経済的に困る人がいたとします。

そのため、離婚することを拒んでいたとしましょう。

夫は何が何でも別れたいので、「〇〇万円で離婚してもらえないでしょうか?」と
お金で解決しているのです。

これを離婚解決金といい、実質、慰謝料的なものになります。

ただ、この解決金には相場というものがないので結局二人で
話し合って納得のいく額を決めなくてはなりません。

この金額に納得がいかなかった場合、離婚協議が長引いてしまう
ことがよくあるようです。

別の解決法としては扶養的財産分与というものがあります。

収入のない専業主婦などが

「性格の不一致」のようにお互いに離婚の責任がなかったとしても、
婚姻中に収入のあった方が、収入のない一方の生活費を
一定の条件と期間(例えば就職するまでとか)を設けて保障するというものです。

こちらも慰謝料とは違いますが、離婚時に金銭を受けることができる
という点では、同じといえます。

「離婚=慰謝料」と考えている方も多いようですが
慰謝料とはあくまでも損害賠償金なので、必ず貰える
というものではありません。

慰謝料を請求できる場合について
正しい知識を持っておきましょう。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする