「こんな夫婦はすぐに離婚するべき」という3パターン

夫婦関係が微妙になってきても、なんとか
離婚だけは回避したいとがんばっている方は
多いですよね。

確かにお子さんがいる場合などは、親の
勝手な都合で悲しませてしまうかもなんて
思ってしまいます。

離婚原因で最も多い「性格の不一致」など
は、もしかしたらお互いの努力で関係修復が
可能な場合もあるでしょう。

しかし中には、自分や子供の身を守るためにも
一刻も早く別れたほうが良いというケースも
あるのです。

今回は、離婚を我慢するべきではない3つの
ケースについてお話ししていきます。

Sponsored Links

DV行為

これは特に説明は要らないですね。

とにかくすぐに逃げなくてなりません。

物理的な暴力ならば、わかりやすいのですが
言葉の暴力は、人によって捉え方も違うという
こともあり、つい我慢してしまうことも多いみ
たいです。

最近注目されている「モラハラ」などは、
少しずつあなたの心が壊されていくという
れっきとしたDVです。

専門家も”暴力だけは交渉不可能”と判断
する人もいるくらいですから、あなたが壊さ
れる前にとにかく急いで逃げるなり、隠れる
なりといった行動を起こさなくてはなりません。

依存症

世の中には色々な依存症がありますが、
ここで特に取り上げたいのは、「アルコール」
「薬物」「ギャンブル」への依存症です。

アルコールや薬物への依存症は、離脱が
難しく、いったんやめても何度も繰り返す
人が多いのです。

アルコールや薬物によって、人格がこわれて
しまった場合、あなたに対するDVなどに
発展する恐れもあります。

そもそも、薬物の中でも違法なものであれ
ば、それは犯罪でもあります。

ギャンブルへの依存症も、ギャンブル中に
体内で分泌される快感物質によるもの
なので、離脱は難しいです。

借金などで破綻する前に、なんらかの行動を
おこす必要があります。

「なんとか支えてあげたい」と思うかもしれ
ませんが、重要なのは本人に立ち直る気持ちが
あるかどうかです。

この点をしっかり見極めなくてはなりません。

Sponsored Links

繰り返す浮気

一回だけなら、百歩譲って、「一夜の過ち」や
「出来心で」というのはあるかもしれません。

しかし、何度も繰り返すようなら真剣に考える
ときかもしれません。

あなたに甘えているとか、頼まれると断れない
ような性格だからとか、浮気しやすい人の
特徴はいろいろ言われていますが、何度も
繰り返す人は、そもそも一夫一婦制に向いて
いないと判断すべきです。

まとめ

いかがでしたか?

このようなケースの場合、躊躇することなく
離婚を考えていくことが必要だと思います。

特に子供がいる場合など、なんとか離婚を
回避したいとがんばってしまうものですが
中には、離婚したほうが幸せになれる
こともあるのです。

相手と自分の状況を冷静に客観的に
見ていくことが重要です。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする