不倫相手の男がなかなか離婚しないのはなぜ?

「妻とは離婚する。一緒になろう」なんて不倫相手から言われたことはありませんか?

でもいつまでたっても別れてくれないし、そんな気配もない。

いったいいつになったら奥さんと別れてくれるのだろうか?

そもそも、本当に離婚するつもりはあるのだろうか?

このまま待ってて大丈夫だろうか?

不倫相手の女性に「愛している」と言いつつも、妻と離婚しない男性の本音を見てみましょう。

Sponsored Links

子供と別れたくない

どんなに奥さんとの関係が冷え込んでいても、子供は別。

やはり可愛いのです。

そんな子供と離れたくないと思うのは当然です。

また、もし本当に離婚したとなると、子供に悲しい思いや不自由をさせることになります。

「自分の都合で子供に辛い思いはさせたくない」という気持ちは、なかなか越えることはできません。

妻と別れるにしても「子供が自立するまでは・・」などど言われたことはありませんか?

この言葉は、そういう意味では真実なのです。

所詮、不倫。真剣ではない。

相手のことを真剣に思っている方からすれば本当にショックなことかもしれません。

しかし、やはり不倫は不倫と思われているのです。

つまり、遊びです。

あなたのことを好きだという気持ちは、嘘ではないでしょう。

しかしそれは、「今の都合の良い関係の中で」という条件付きのことなのです。

このような男にとって「妻とは別れる」という言葉は、大人の恋愛ゲームを盛り上げるためのものでしかないのです。

ダブル不倫などで、この言葉を信じて先に旦那と離婚してしてしまったりすると、急に冷たくなってあなたから逃げ出していくことになるでしょう。

Sponsored Links

正直、面倒臭い

普通の離婚でも大変なのに、不倫の末の離婚・再婚となると、さらに大変です。

もう考えただけで、面倒くさくて、たいていの男は嫌になります。

妻にどう言って切り出すか・・から始まり、慰謝料、財産分与、親権、養育費、周りへの説明、親への説明、周りからの冷たい目、などなど。。。

考えなくてはいけないこと、越えなくてはならないことが山盛りです。

離婚には相当の精神的負担がかかりますが、それが不倫で・・ということになれば、精神的に相当タフでなければ乗り越えられないでしょう。

あなたの不倫相手が特別面倒くさがりの人でなくても、これらのことを考えるだけで離婚しようなんて気は消沈してしまうのです。

まとめ

「離婚するから」なんて言葉を信じて待っていても、時間ばかりが過ぎていくことになりかねません。

相手の男性がこんなセリフを言ってきたら、密かに期限を区切って考えるようにしなくてはなりません。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする