離婚に応じない夫をどう説得するか

あなたが妻の立場で、じっくり考えてやっと離婚を決意したとします。

そして思い切って夫に離婚を切り出しました。

ところが、夫からは離婚は断固拒否!

このようなケース結構あるのではないでしょうか。

このままいくと離婚調停になりかねない。

でもそれでは時間もかかるしお金もかかる。

そもそも裁判で認められるような離婚理由でないかもしれない。

できれば協議離婚でなんとか説得したい。

このように夫から離婚を拒絶された場合
どのように対処していくことがよいのでしょうか。

今回はそんなお話です。

Sponsored Links

夫の離婚拒否の理由はなんでしょう

そもそも男が離婚を拒否する理由ってなんですかね?

あなたはとにかくこの拒否の理由を知らないことには
対応のしようがありませんね。

離婚経験者の男である私が考える男が
離婚を拒否する理由は大体こんなところでしょうか。
(私の場合、互いに拒否しなかったのであくまでも推測です)

・世間体が悪い(出世に影響する)

・子供と別れたくない

・妻のことをまだ愛している

・生活が不便になるのがいやだ

・めんどくさい

などなど。

「なんだそんな理由」なんて言わないでくださいね。
男の場合正直こんなところだと思います。

気をつけほしいのは本当の理由が判明したときに
その理由をけなしたりしてはいけません。

余計に頑なになってしまいますからね。

Sponsored Links

あなたに解決できることでしょうか

相手の理由が分かったら、自分に解決できることかどうか

を考えてみてください。

そして相手の理由を、離婚を同意してくれる
ための条件と捉え解決する方法を探した方が建設的ですね。

例えば離婚をしたくない理由が「子供と離れたくない」
だった場合、

「子供とは定期的に面会し、遊べる時間を必ずたっぷり取る」ということを
約束してみます。

また世間体を気にしているようであれば

「このまま仲の悪いまま一緒に暮らすほうが
周りから見れば世間体が悪い」

「家庭の中がギスギスしているようでは
あなたの仕事のパフォーマンスも落ちるのでは?」

と、相手に自分の欲求を見直させるように
質問をしてみるとよいかもしれません。

話し合いの中で自分が離婚をしたいという気持ちばかりを
相手にぶつけていても何も解決しないんで。

ましてや相手に非があるということをくどくどと
説明しても無意味ですね。

男の人って、女性よりも左脳で考えると言われてますからね。

あくまでも建設的に論理的に話すことが大事かなぁと
思います。

それでも拒否されたら

間に第三者に入ってもらうという手があります。

それが叶わなければその時は、調停を覚悟しましょう。

その場合、離婚事由が裁判などで認められる
以下の5つに当てはまるかどうかをしっかり確認しておきましょう。

配偶者に不貞な行為があったとき
配偶者に悪意で遺棄されたとき
配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

離婚調停を経験した人に聞いたところここまでくると大事なのは
調停委員にいかに味方になってもらえるかどうかだそうです。

今回その話はしませんが、なるべく2人だけでしっかり話し
お互い納得の上で、新しい人生を歩み始めるのが良いと思いますね。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする