離婚後に妊娠に気がついたら認知してもらえるのか

『離婚後300日以内に生まれた子供は、婚姻中の夫婦間にできた子と推定する』と法律で決められているのをご存知ですか?

いわゆる「300日ルール」といわれているものですね。

この決まりにはいろいろな意見もありますが、とりあえず今はこうなっています。

そこで今回は、離婚時の妊娠と認知について、いくつかのパターンを考えてみましょう。

Sponsored Links

妊娠中に離婚したら

やむをえない理由によって妊娠中に離婚となってしまった場合です。

先ほども言いましたが、『離婚後300日以内に生まれた子供は、婚姻中の夫婦間にできた子と推定する』と法律で決められていますので「子供が離婚後300日以内に生まれた」という証拠を持って、元夫に認知の請求をしましょう。

認知をしてもらえば、元夫は必然的に子供の父親ということになり、扶養義務が発生します。

そうなればもちろん、養育費も請求できます。

もし、元夫が認知を拒否したら、家庭裁判所に申し立てをすることになります。

そこで、確実に元夫の子どもであると判定されれば、泣こうが喚こうが強制的に認知させられることになります。

離婚してから妊娠に気がついたら

離婚してから妊娠に気がついた場合も、離婚してから300日以内に生まれるのであれば、基本的に上記と同じです。

Sponsored Links

離婚後すぐに別の人の子を妊娠したら

ややこしいのはこのケース。

離婚してすぐ別のパートナーとの間に子供ができてしまい、離婚から300日以内に生まれてしまう場合です。

この場合も法律上は、自動的に前の夫との子供ということに推定されてしまうんです。

こういう場合どうしたらいいのかというと、以下のような手続きが必要になってきます。

1、出生届を出して、いったん前の夫の子供として父親の戸籍に入る。

2、前の夫に、自分の子供ではないことを認めてもらうための裁判を起こしてもらう。
その際、前の夫の証言やDNA鑑定などが必要になってくることもあるようですよ。

だから、前の夫の協力が必要ということになりますね。

3、認められると、戸籍上子供は母親の籍に移動し、父親の知れない非嫡出子となる。

4、本当の父親が認知手続きをする。
こうなると、母親の籍にいる子供に父親の名前が記入され、父親の戸籍にも認知が記録される。
そして子供は「認知された非嫡出子」という立場になる。

5、その後結婚すれば、父親の戸籍に母親と子供が移り、このときの手続きにより非嫡出子の立場から嫡出子の立場となる。

と、以上が簡単な流れです。

まとめ

ただこのままでは、父親の戸籍に「認知の記録」が残ったままなんですよね。

子供が大きくなったとき、それをみたらショックを受けるかもしれませんね。

それを避けるためには、婚姻時に父親の戸籍の住所を別の新しいところに移してしまいましょう。



そうすることによって、戸籍が新しくなり見かけ上は普通に結婚して子供ができた家庭と同じになりますよ。(なるほど!)

今回の記事が300日ルールで悩む方の参考になれば幸いです。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする