不倫相手に元カノが多い理由

「不倫相手ってだれ?」

「ん?元カノだよ」

こんな人多くないですか?

不倫相手が「元カノ」や「元カレ」という人は想像以上に多いんです。

なぜ、不倫相手に元カノや元カレを選ぶのでしょうか。

それはこんなメリットがあるからなんですね。

Sponsored Links

話が早い

相手をさがす苦労がないのが、なんといっても1番のメリットです。

全く新しい相手と出会うとなると、それなりにお金も時間もかかってしまいます。

その点、以前付き合っていた相手であれば、「久しぶり、どうしてる?」という軽い感じで、再会も可能です。

特に今は、LINEやFacebookなど、使いやすいSNSが揃っているので連絡もつきやすいですしね。

以前ふたりで共有していた時間や経験もたくさんあるので、話題にも事欠きません。

相手の乗ってきそうな話題や、好みも知っているのでとにかく誘いやすいというのがメリットになります。

楽である

よく知っている仲です。

自分を必要以上に良く見せようとする努力もいらず、とにかく楽です。

いわゆる「気心が知れた仲」というやつです。

共通する話題も多く、一緒にいて気を使う場面は少なくて済みます。

変な話、かっこつける必要がないので、ホテルなども安いところでも気になりません。

気心の知れた仲は、「今、金欠なんだ」といった弱みも遠慮なく見せることができるし、お金をかけなくても相手を喜ばす方法を知っているので楽なのです。

Sponsored Links

体の相性を知っている

今のパートナーと夜の回数が減っていたりすれば、過去の快感の記憶から「元カノ(元カレ)」の
ことを思い出すことはあるのではないでしょうか。

その人が、特に自分と相性が良かったりすれば、それだけでまた会いたくなるものです。

以前付き合っていたのですから、体の相性についてもわかっていますし、過度の期待や不安がないのも良い点です。

また、肉体的に相手を満たす方法もよく知っているので、お互いの満足度も比較的高いと言えます。

まとめ

元カレ・元カノと言っても誰でも良いわけではありません。

罵り合いながらひどい別れ方をしたような相手は、さすがに無理ですね。

しかしそうでなければ、メリットは確かに多いのです。

また、一度別れた仲なので、終わり方にあと腐れがないのも長所です。

ただ、二人の共通の友達などから、周囲に知られる可能性も高くなるので、秘密の保持にはくれぐれも細心の注意が必要です。

あと、相手がどっぷりと不幸の中にいるような時は、できれば誘うのは控えた方が良いかもしれません。

本気で頼られてしまい、深く抜けられない不倫関係に進んでしまうかもしれません。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする