社内不倫は危険がいっぱい? 絶対避けたい密告の恐怖

不倫関係で特に多いのが「社内不倫」ではないでしょうか。

その名の通り「職場」で仕事仲間と不倫関係になることです。

仕事にかこつけて連絡もでき、業務を言い訳にできるので、家族などにはバレにくいのかもしれません。

しかし、この「社内不倫」ですが、同じ職場の人たちに知られるリスクはとても高いと思われます。

完全に不倫の匂いを消しておかないと、いつどこから密告されるかわかりません。

社内不倫は密告によって終わりになることが多いのです。

Sponsored Links

社内不倫がばれると職を失うことにも

会社は対外的に信用を保ちたいと思っています。

職場の不倫などは、外に漏れると信用に関わる場合もあるので処分の対象になり得ます。

具体的な処分方法として、ふたりは引き離されます。

男性は地方に転勤か、子会社への出向など。

女性も同じです。

もちろん降格も考えられます。

不倫したから降格という直接的な理由による処分ではなく、なんだかんだと別の理由でそれは実行されます。

契約社員の場合は簡単です。

契約が打ち切られることになるでしょう。

処分は理不尽です

何らかの処分があった場合、その処罰は決して公平ではありません。

会社は裁判所ではないので、法の名の下に公平に裁く必要はありません。

つまり、会社にとって大事な人物を軽い罰に、大事でない人物に重い罰を課してきます。

大事な人物を社内に残し、大事でない人物には辞めてもらうという狙いがあるのです。

正社員と契約社員などでは、間違いなく契約社員の方が切られます。

正社員同士では、パフォーマンスが低い方が切られると思った方が良いでしょう。

自分と不倫相手の業績を比べてみてください。

切られるのはどちらでしょう?

Sponsored Links

なぜ密告されるか

社内不倫がばれてしまうのは、ほとんどが密告によるものです。

必要以上に周りに嫌われていませんか?

横柄な態度で振舞っていませんか?

特定の人に厳しく当たっていませんか?

とにかく、恨みをかっていたらそれだけでリスク大です。

確たる証拠がなくても、噂を流してくることは可能です。

また、社内の競争でライバルから仕掛けられることも考えられます。

外から会社のホームページに書き込まれたりすれば、大抵の会社はそれだけで騒ぎになるでしょう。

そして、密告者を特定するのはまず不可能と覚えておきましょう。

とにかく社内不倫を続けたければ、絶対に周囲にバレないことは当たり前で、それ以外にもとにかく周りに敵を作らないことなのです。

まとめ

実際、会社が処分に動くには、事実確認が必要なのでそれなりの証拠がいるかもしれませんが、そもそも裁判所ではないのである程度の情報で動いてしまうこともできるわけです。

転勤も出向も「通常の人事異動です」と言われればおしまいです。

社内不倫のリスクは「仕事を失う」ということに直結するので、細心の注意と相当の努力が必要なのです。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする