ダブル不倫の結末にハッピーエンドがない3つの理由

ダブル不倫の結末ってどんなでしょう?

ハッピーエンドってあるんでしょうか?

そりゃ、中には略奪婚が成立して幸せに暮らすカップルもいるのでしょうが、やっぱりごく僅かですよね。

麻薬のようなダブル不倫ですが、もし本気になってしまった場合、結末への過度の期待は禁物です。

今回は、ダブル不倫の結末がハッピーエンドになりにくい理由についてです。

Sponsored Links

お互いに家庭がある

当たり前ですが、お互いに家庭を持っています。

だからこそ割り切って付き合えて、美味しいところだけを頂戴できるダブル不倫は都合が良いわけです。

しかし、この「お互い帰るところがある」というのは実は曲者です。

相手のことを好きになればなるほど、自分の家に帰っていく相手を見るのが辛くなるのです。

そして楽しいはずだった不倫関係も「なぜこんなに苦しまなければいけないの?」に変わってきます。

結果、我慢できなくなった方がルールを破り、不適当な時間にメールをしてきたり、ストーカー化してしまったり。

こんなきっかけから周囲にバレて修羅場と化すのです。

Sponsored Links

双方が離婚する必要がある

不倫のハッピーエンドが結婚だとするならば、ダブル不倫は非常にハードルが高いと言えます。

一緒になるためには、自分だけでなく相手も離婚してくれなくてはいけませんからね。

離婚ってほんとうに大変なんです。

その大変さが2倍になるということですから。

これだけでも絵に描いたような幸せな結末は遠いということになります。

ちなみに男の「女房とはすぐ別れる」という言葉を鵜呑みにしてはいけませんよ!

失うものが大きすぎる

運良くお互い離婚できて、めでたく再婚できたとしてもそれはそれで大変です。

周囲からは「ふしだら」とレッテルを貼られ、親戚などからは縁切りされる場合もあります。

自分の配偶者と相手の配偶者からダブルで慰謝料の請求もくるでしょう。

また、成就できずにもしもバレた場合はもう最悪です。

あなたが独身であれば、失うのは不倫相手と慰謝料くらいですが、ダブル不倫の場合はお互いの家庭もなくしてしまいます。

とにかくダブル不倫はその代償が大きいのです。

まとめ

もともと不倫は先の見えないものですが、ダブル不倫はさらにリスクも巨大であることを覚悟しなければなりません。

バレても地獄、成就してもプチ地獄が待っていることが多いんです。

もう一つ、禁断の関係の中で魅力的に見えていた相手が、自分のものになってしまったとたんにフィルターが外れて急に冷めてしまったという話も聞いたことがあります。

成就した後の、こんな心境の変化もひとつのリスクになるのかもしれませんね。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする