隠れた離婚の原因「妻の実家依存症」

離婚の原因は色々ありますが、男から見た時
意外と深刻なのが、妻の実家依存症です。

妻からしてみれば、「親子が仲良くするのが
何でいけないの?」と言うことなんですが、
夫からすれば、ないがしろにされているよう
に感じてしまい、実は違和感を感じている
場合が多いのです。

夫も妻に、「親と仲良くするな」なんて
いえませんから、じっと我慢してしまいます。

そして、気がつけば夫婦の間に取り返しの
つかない大きな亀裂ができてしまうのです。

気がつかないうちに大事にならないように、
あなたが実家依存症になっていないか
チェックしてみたらどうでしょうか?

実家依存症の妻の行動を上げてみました。

Sponsored Links

1 週に2回以上、親と電話やメールをする

年老いた親を心配し電話をするという理由も
あるでしょうが、あまりに頻繁だと、ただの
甘えん坊にしか見えません。

2 夫がいないときは実家で過ごす

もっともわかりやすい行動です。

自分の家より実家のほうが居心地がよいので
頻繁に帰ります。

夫から見れば自分の家庭をないがしろにされ
ているように見えます。

「夫がいないときはいいじゃん」と思うかも
しれませんが、「隙あらば実家」というのは
呆れてしまいます。

3 実家からお小遣いをもらっている

一家の大黒柱として働いている夫から
してみれば、屈辱を感じる行為です。

別世帯なのに、意味もなく経済援助しても
らう行為は自立していないと言われている
ようで、面白くありません。

4 夫の意見よりも親の意見を優先

なにかというと「お母さんがそうしろといって
いた。」などと言い出す。

夫からしてみれば「じゃあ、お母さんに養って
もらったら」という気持ちになるものです。

意見はありがたく貰ったとしても、最終的な
決定は夫婦でするようにしましょう。

5 まず、親に相談する

なんでも先に親に相談するというのもいただ
けません。

「頼りない」「信用できない」と言われてい
るような気になってしまうのです。

Sponsored Links

6 家事・育児を頻繁に手伝ってもらっている

ふたりの家庭なのに、親とは言え干渉されす
ぎるのは不快に感じます。

夫は自分の家に居場所がないような気になっ
てしまうのです。

困った時だけお願いして助けてもらうように
しましょう。

7 夫の実家にはほとんど行かない

自分の実家にはよく帰るくせに、夫の実家に
は数年に1回しか帰らないというケースもよ
く見られます。

なにごともバランスが大事です。

極端にかたよると、妻への信用もなくなり、
不満が蓄積されていくことになります。

8 出かけるときは友人より親とが多い

いつまでも親離れできない娘と見られます。

人によっては、非常に気持ち悪く映ることも
あるようです。

まとめ

当てはまるものがありましたか?

実家依存妻の立場からすれば、これらは
当たり前の行動のようです。

しかし、夫からはそうは見られていません。

特に親の意見を優先するようなことが続けば
かなり危険な状態になっているかもしれませ
ん。

少しでも思い当たることがあったら、すぐに
言動を見直したほうがよいですよ。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする