離婚の時の慰謝料請求に時効ってあるの?その起算点は?

離婚という重い決断をしたあと、いろいろな感情が
湧いてきて大変かもしれませんが
相手に原因があるのでしたら、ここはクールに
慰謝料をしっかり請求しておきたいもの。

「まずは相場を調べて、いろいろな人に意見を
聞いて・・・」 なんて感じでしょうか?

ところで慰謝料の請求権にも時効があるって
ご存知でした?

一応、知っておきましょう!

Sponsored Links

離婚の慰謝料の時効とは?

慰謝料の請求権は、不法行為に対する損害賠償請求権です。

相手の暴力や浮気などは不法行為に当たりますので
法的に損害賠償請求と同じ性質を持っているんです。

したがって時効までの期間としては3年間と定められています。
(民法724条)

離婚慰謝料の起算点

この3年がいつから開始されるのかと言うと
(これを「起算点」といいます)

「離婚が成立した日」です。

一般的に離婚の成立とは、離婚届を提出し受理されることを
いいます。

ですので、離婚慰謝料の請求権の起算点は離婚届が受理された日
ということになります。

この日から3年間が慰謝料を請求できる期間ということです。

Sponsored Links

離婚の原因が相手の不貞行為だった場合

離婚の原因が、相手の浮気や不倫などの不貞行為だった場合
この不貞行為に対する損害賠償(慰謝料)請求権はまた別に
定められています。

それは、不貞行為(請求者)を知った時から3年間です。

bsBO150403236150引用元:https://www.pakutaso.com/

もう少し具体的に言うと・・

夫が浮気をした場合、妻が夫の浮気相手を特定できた日から起算
されるということです。

ん・・?

でも、なんかおかしいですね。

だって、慰謝料の請求権は離婚成立から3年間なんでしょ?

離婚理由が浮気であれなんであれ、離婚成立日が起算点なんじゃ
ないの?

と、思ったあなた!

この不貞行為の場合の「不貞行為を知った時から3年間」と
言うのは、妻が夫の不貞行為の相手(浮気相手)に対して
損害賠償を請求できる期間の起算点
なんですよ。

ふつう、夫婦間では浮気が発覚しても
離婚するかどうか直ぐには決まらないものです。

土下座したり、話しあったり、関係修復を試みたりと
なんだかんだと時間が経っていきます。

しかし、そんなこんなでうっかり3年たってしまうと
浮気相手に対しての慰謝料請求ができなくなってしまうんです。

ですので、浮気をされた側のとるべき行動は

夫婦間での離婚の話をしながら、それと平行して
不貞相手への慰謝料を請求していく
ということになります。

ということで、離婚慰謝料の時効と起算点について
書いてみました。

参考になりましたでしょうか。

もし、配偶者の不貞行為に悩んでいる方は、覚えておくと
良いかもしれませんよ。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする