不倫がバレた妻の末路はこんなに悲惨だった!

現代では不倫妻が増えているそうです。

ちょっと前にやっていたドラマの影響もあるのかもしれません。

女性が昔より外に出るようになって、出会いのきっかけが増えているのかもしれませんし、ネットで簡単に相手を探せるのも理由かもしれません。

割り切った関係を楽しんでいるうちは良いのですが、もしバレれば一気に地獄に直行です。

どんな末路が待っているのか。

Sponsored Links

夫や子供に見放される

夫から見放されます。

もちろん離婚される可能性が高いです。

男は女性の浮気に対してそれほど寛大ではありません。

どんなに愛していた妻でも、他の男と関係を持った妻などはもう汚物にしか見えないという人もいるくらいです。

子供もある程度大きくて、分別がつくようでしたら子供からも見放されます。

大人の事情など理解できない純粋な子供の方が余計に軽蔑してくるでしょう。

離婚しても、母親側にはつかず、面会さえしないと言われることもあります。

慰謝料で困窮する

離婚となれば慰謝料が請求されます。

不倫による慰謝料の相場は大体100万〜500万と言われています。

専業主婦だった場合、すぐに職探しをしなくてはなりませんし、働いても慰謝料の支払いだけで右から左という状況になります。

また、子供が父親と暮らすことになった場合は、毎月の養育費も払っていかなくてはなりません。

独身時代にためていた貯金やへそくりなどの隠し財産は全て放出することになるでしょう。

周囲から冷たい目

周囲からの「ふしだら」というレッテルに耐えなくてはなりません。

耐えられない場合は、誰も知らない土地に一人で引っ越しなんてことになるかも。

頼りにしていた実家の親でさえ、味方になってはくれないかもしれません。

実際、厳しい家に育った人ほど、親から勘当されています。

Sponsored Links

親権さえ

子供が小さければ親権は母親と思っていませんか?

不倫で離婚した場合は、例外的なケースが多々あるようです。

子供をほったらかしてデートに行っていたことなどが証明されてしまった場合、育児放棄とみなされ親権を奪われます。

夫側が実家の協力を得て生育環境を整えていれば、なおさら親権は取れないでしょう。

不倫相手はトンズラ

不倫相手も大概の場合、頼れません。

不倫がばれた時点で、相手も何らかの制裁を受けているはずです。

もともと遊びだった場合、これ以上の厄介ごとに巻き込まれたくないとばかりに音信不通になることも。

相手も離婚していたら、肩寄せ合って暮らせるかというとそうでもないです。

相手も慰謝料や養育費などでカツカツかもしれません。

場合によっては仕事さえ失っているかもしれません。

あなたのことなどかまっていられない状況なのです。

まとめ

ほんの軽い気持ちで始めてしまった不倫でも、いざバレたとなるとこのように絵に描いたような末路が待っています。

その代償はとても大きく、取り返しがつかないことばかりです。

不倫をするなら、もしもの時に失うものの大きさを考えておきましょう。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする