離婚を考えている人のへそくりの隠し場所

以前ある記事で読んだのですが、日本ではいわゆる「タンス預金」というものが約44兆円もあるそうです(驚!)

この中には主婦による「へそくり」も多く含まれていると言われています。

さて、この「へそくり」ですが離婚の際に財産分野の対象として当然含まれるのですが、見つけることができなかったらどうなるのでしょう?

今回は、離婚を視野に入れた場合の「へそくり」の隠し場所について書いてみましょう。

隠す側(妻)にとっても、探す側(夫)にとっても参考になれば幸いです(笑)

Sponsored Links

へそくりはどこに隠されているのか

へそくりはいったいどこに隠されているのだろうか。

あるアンケートではこのような結果が出ています。

・タンスの中

・台所周辺

・本にはさむ

・バッグの中

・冷蔵庫の中

・実家

・ネットバンキング

というところに隠すことが多いと回答されました。

普段夫が近づかない、台所やバッグの中、冷蔵庫や実家というところが多いんですねえ。

ネットバンキングは、通帳がなくパスワードがなければアクセスできないため、普通の銀行より安全と思われているようです。

Sponsored Links

見つけられないへそくりは諦めるしかないのか

探す側からすれば、数万円から数十万円くらいのへそくりであれば「まあいいか」となるかもしれませんが、中には数百万から数千万というへそくりをしている猛者もいるようで、ここまでくると見逃すわけにはいきません。

当然、財産分野の対象になりますが、発見できなければ一貫の終わりです。

何が何でも探したいところですが、実際探すとなるとこれが結構大変。

銀行に隠されている場合、口座名義が自分でなければ銀行は開示してくれることはまずありません。

現金で実家などに隠されている場合も、なかなかその存在をつかむことは難しいでしょう。

相手の性善説にのっとり、相手の正直な申告を待つしかないのでしょうか(悲)。

いやいや、ちょっと待って。ただ黙って諦めるしかないというわけではないんです。

預貯金や株式などの場合、その存在について目星がついている銀行口座が特定できているのであれば、弁護士に依頼してみましょう。

弁護士は弁護士会照会制度をいうものを使って金融機関に問い合わせすることができるんです。

それでもまだ開示されない場合には、裁判所に調停を申し立てれば、裁判所を通じて調査してもらうことも可能なんですよ。

まとめ

離婚を決めた夫婦にとって、少しでも多くもらいたい・少しでも相手にあげたくないというのは正直な心情だと思います。

今回のお話は、夫婦どちらかの味方という立場で書いたものではありませんが、離婚はなるべくフェアにした方が良いと思いましたのでこんなことも書いてみました。

今回の記事が、何かのお役に立てれば幸いです。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする