不倫してしまう妻たちに共通する3つの特徴

不倫が悪いことだということは、誰もが分かっているはず。

なのに、なぜか不倫をしてしまう妻たちが後を絶ちません。

不倫してしまう女性と、しない女性では何が違うのでしょうか?

今回は、不倫しやすい女性が必ず持っている3つの特徴について見てみましょう。

Sponsored Links

夫への不満が溜まっている

夫に対する不満には、いろいろな種類がありますが、不倫に直結するのは2つです。

・妻としての価値を認めてもらえない

・セックスレス

この2つに対して不満を持つ妻は不倫に走りやすくなります。

夫に大事にしてもらえていないと感じる妻は、他に女性としての価値を認めてくれる男性が現れた時、その男性と一緒に居ることを好むようになります。

なぜなら、一緒に居ることで自分の価値を再確認できて、快感を感じることができるからです。

セックスレスもほぼ同じです。

気持ちの快感か、肉体の快感かの違いに過ぎません。

これらの不満を不倫という手段で解消するようになっていきます。

チヤホヤされるのが大好き

昔から、周りにチヤホヤされながら育ってきた女性は、その快感を忘れられません。

ところが結婚してからというもの、あまりそういう機会もなくなってきます。

そんな時、「きれいですね」、「え!結婚しているんですか!」などという言葉で昔の快感を思いだしてしまいます。

また、そのような女性は常に新しい刺激を求めるという傾向があります。

不倫という大きなリスクと隣り合わせの刺激は大好物なのです。

Sponsored Links

流されやすい

押しに弱い女性も、不倫にはまりやすいと言われています。

何度も諦めずにアタックしてくる男性に、最初は断っていたものの、だんだん断りきれずにいつの間にかデートに持ち込まれています。

流されやすい性格は、不倫は悪いとわかっていても「ちょっとくらいなら、まあいいか」と承諾を繰り返し、いつの間にか不倫が出来上がっているということになります。

まとめ

いかがでしょうか?

いずれも、「心にスキをつくりやすい」という特徴がありますね。

ちょっとしたスキから、軽い気持ちでデートして、気がついたら相手を好きになっていたという話はよく聞きます。

そして一旦「好き」という感情まで進んでしまうと、なかなか戻ることができなくなるのです。

不倫は悪い事とわかっていながら、それでも不倫してしまう妻には、これらの特徴があるのです。

「結婚してても恋愛したい」、「好きになった人がたまたま既婚者だっただけ」

最後は、こんな言葉で自分を正当化し、泥沼にはまっていくのです。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする