それを言ったら終わり? 別れにつながる不倫中の禁句

不倫って、危うい関係だから、継続するため
にいろいろなルールをつくっていることが多い
ですよね。

不用意に連絡はしないとか、待ち合わせは
必ず現地集合とか。

これらはいわゆる、「バレないためのルール」
ですね。

もうひとつ、不倫関係を継続するためには、
他にもルールがあるのです。

いわゆる「この一言は言ったらダメ」という
禁句というルールです。

今回は、既婚男性と独身女性のパターンで
男が言ってほしくない「不倫中の禁句」について
書いてみます。

Sponsored Links

どうして返事くれないの?

不倫中の課題といえば、どうやって連絡を
取るか。

お互いに頭では理解しているはずですが、
好きな人にメッセージを送っても連絡が
なかなか帰ってこないとき、不安になったり
イライラしたりして、ついこんなセリフを
言ってしまうことがあります。

しかし、男も連絡したくないわけではない
のです。

単純にできなかっただけなのです。

バレないようにタイミングを図っているうちに
時間がたってしまうのです。

それなのに、返事がない!と自己中なこと
ばかり言われていると、男は「彼女、重いな・・」
と思うようになってしまいます。

私達これからどうなるの?

基本的に不倫関係は不毛なものです。

お互いに納得していたはずなのに、こんな
セリフを聞くと、急速にトーンダウンしてい
きます。

不倫関係において、将来のことを聞かれる
ことほど、切ないものはありません。

割り切って続けていくことができないのであれ
ば、お互いに傷が浅いうちに終わらせたほうが
良いと思われるでしょう。

寂しい

独身女性が既婚男性と不倫していれば、
日々寂しさとの闘いになるのは当然です。

その想いは、相手に本気になればなるほど
強烈になっていきます。

だから、会ったときについ「寂しい」と言葉に
出してしまうのはわかります。

でもこれ、男からすると責められてるように
感じてしまうのです。

寂しい思いをさせているという”罪悪感”から
別れを決意してしまう男性も多いのです。

Sponsored Links

私と奥さんとどっちが好きなの?

答えなんか出せません。

奥さんと不倫相手の女性は別次元なのです。

もちろんどちらも大事ということになります。

調子よく「もちろん君だよ」と答える男性も
いるでしょう。

しかし本音では、こんなことを聞いてくる女性
に対しては、面倒くさいとしか感じていません。

奥さんと別れて!

もちろん、男にもその気があれば問題
ありません。

しかし多くの場合、家庭と不倫関係は
これもまた、まったく別次元なのです。

家庭では得られない刺激や癒やしを求めて
の不倫なのかもしれません。

なのに家庭を手放せと詰め寄っても、あなた
にメリットはひとつもありません。

たとえば、もし不倫がバレてしまった場合、
どちらを終わらせるかといえば不倫関係の方
になるケースが多いということを考えれば
わかるでしょう。

ただ、男の方が不倫関係を続けるために
離婚をちらつかせている場合もあります。

これは、女性になんとか賢く見抜いて
いただきたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

男の身勝手さにご立腹の方も多いかもしれ
ませんね。

しかし、これが現実です。

のめり込んではいけないということです。

逆に、いま不倫関係を終わらせたいという
女性がいましたら、この禁句をわざと使って
みたらどうでしょうか?

上手くいけば、男の方から逃げていくかも
しれませんよ。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする