不倫するとき、あなたが覚悟しなくてはならないこと

不倫にのめり込む人は、一時的に周りが見え
なくなっていることがよくあります。

しかし、相手との楽しい時間ばかりが不倫
ではありません。

本来、反社会的行為?である不倫をすると
いうことは、しなくてはならない覚悟がいくつ
もあるのです。

今回は、不倫をするうえで、あなたが覚悟
しておかなくてはならないことについての
お話です。

Sponsored Links

周囲との断絶

不倫は隠していても、なぜかどこからかバレる
ことがあります。

ましてやそれが原因で離婚なんてことに
なったりすれば、噂が広がるスピードはさらに
速くなります。

不倫に肯定的な人はまだまだ少なく、大多数は
あなたのことを白い目で見るでしょう。

配偶者はもちろん、子供がいれば子供からも、
親や兄弟・親戚からも、それは同じです。

友人もあなたと距離をとりはじめるでしょう。

つまり、あなたは今まで通りの交友関係は
もう望めなくなるということを覚悟しなくては
なりません。

不倫相手を信じてはダメ

何もかもなくしても、不倫相手さえいれば
大丈夫と思っていませんか?

当然そういう気持ちにならざるおえない
わけですが、非常に危険です。

たとえばあなたが離婚したからと言って
相手も同じように離婚してくれるという
保証なんてないのです。

離婚してくれたとしても、あなたと今後も
ずぅっと一緒にいてくれるとは限りません。

不倫という特別な状況で盛り上がっていた
だけかもしれないのです。

相手の存在を拠り所にすることには相当の
覚悟がいるのです。

Sponsored Links

経済的損失

不倫はバレれば、結構な確率で離婚になり
ます。

その際、あなたにも不倫相手にも慰謝料の
支払いが発生する可能性がありますね。

またお相手には、養育費の支払いが発生
することもあります。

仕事をしているから大丈夫と思っていても
不倫の噂がひろがり、今の職場にいられなく
なることだってあります。

このように、単発的にも、長期的にも
経済的に負担が増えることが十分に
考えられるのです。

時間の損失

不倫はもともと不毛なものです。

結婚という形で成就すればよいですが
そうなるのは、実際は少数。

あなたは、その現実を受け入れなくては
なりません。

不倫が成就しようがしまいが、費やした
時間を後悔してはなりません。

それだけの時間があったら、もっとちゃんと
した恋愛ができたのになんて思っては
いけないのです。

無くした時間を肯定できる覚悟をもたなくては
なりません。

まとめ

不倫はしている最中はわかりませんが、
バレたときや、終わったときに大きな後悔の念
が襲ってきます。

そのことを想像するのはなかなか難しい
かもしれませんが、起こることのすべてを
受け入れる覚悟がないのなら、厳しいですが
早めに今の関係を清算したほうが良いでしょう。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする