ダブル不倫の慰謝料の相場

不倫がパートナーにばれた時、慰謝料を請求される可能性がありますね。

普通の不倫とダブル不倫では慰謝料の金額って違ってくるのでしょうか?

また、もし相手の子供を妊娠なんてしていたら、さらにどうなっちゃうんだろう?

あまり考えたくないかもしれませんが、いざという時のために知識として頭に入れておきましょう。

Sponsored Links

被害者は誰か

まず、被害者が何人いるかがポイント。

例えば妻帯者の男性と独身女性の不倫の場合、被害者は男性の奥さんひとりということになります。

しかしダブル不倫の場合、お互いのパートナーが被害者になるので、慰謝料の請求権を持つ者がふたりになります。

不倫がバレた場合、お互いに相手の配偶者から慰謝料を請求されます。

被害者が複数いる場合はこう言った理由で解決までに時間がかかってしまうことがあります。

離婚するかどうかで違う?

また、離婚するかしないかでも違ってきます。

不倫が原因で離婚してしまった場合、自分のパートナーからも慰謝料の請求がきます。

お互いにバレた場合はお互いがふたりから請求されることになります。

自分のパートナーにはバレていなけど相手にはバレていた場合、これをきっかけにバレてしまう可能性も出てきます。

もうなんだかリスクだらけ。

Sponsored Links

相場は?

さて肝心の金額の相場ですが、だいたい平均値で300万円くらいになることが多いようです。

しかしご存知のように、慰謝料とは法律で金額が決められているわけではないので当然、流動的です。

不倫交際の期間と頻度

夫婦の結婚期間

婚姻関係破たんの有無

結婚生活の状況、別居の有無

子供の有無

不倫された者が受ける精神的苦痛の程度

不倫調査のために要した探偵費用など

によって金額は変わってきます。

もし妊娠していたら?

ちょっと考えると慰謝料は増額されそうな気がしますが、意外なことに逆になることが多いのです。

妊娠・出産を控えている女性には経済的な余裕や支払い能力の低下が考えられるので、裁判などでは減額されたり請求そのものが却下されることもあるのです。

まとめ

とにかくダブル不倫はリスクのかたまりです。

バレずに楽しめているうちは良いのですが、いざバレた時はお互いに家庭を持っているということが大きな負担に形を変えて、あなたに襲いかかってきます。

被害者の数が多くなることを考えると、やはり罪深い行為なんでしょう。

「今の幸せ」と「いざという時のリスク」を天秤にかけて考えられる冷静さを、常にどこかで持っておきたいものですね。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする