離婚に向けての別居と復縁に向けての別居

離婚を決意し、思い切って相手にきりだしてみたものの
相手もすんなりと受け入れてくれるとは限りませんね。

しかし、これ以上一緒に暮らすのは精神的にもう無理!

そんな時のひとつの手段として
「とりあえず別居してみる」という方法があります。

お互いに距離をおくことで、頭をひやし相手について
理解をするための良い機会になることがありますし。

離婚の助走のためであれ、復縁のための冷却期間であれ
別居についていろいろと知っておくことは大切かと。

そこで今回は別居についてのお話です。

Sponsored Links

離婚に向けての別居で知っておくこと

離婚に向けて別居を考えている場合、
ちょっと注意をしなくてはいけない点があります。

それは必ず「相手の同意を得ること」

何でかっていうと、夫婦には民法上「一緒に暮らす義務」ってのがあるんです。

相手が認めていないのに一方的に家を出て行ってしまうと
「悪意の遺棄」(わざと夫婦の同居・協力・扶助義務を怠ること)と
みなされてしまう危険性が出てきます。

こうなっちゃうと、相手から十分な慰謝料を取れなかったり
離婚前の婚姻費用分担でも不利になる可能性がでてきちゃいます。

ですからまずは相手の同意のもと別居を始めなくてはならないんです。
(もちろんDVなど、緊急性のある場合は別!そんなやつからはすぐに逃げちゃって!)

実際に別居が始まったら、経済的に困らないように
「婚姻費用分担請求」を忘れずに。

夫婦は民法上、婚姻中に発生する費用を分担していくことになっています。

婚姻費用っていうのは、夫婦が社会生活をするのに必要な経費のこと。

これは夫婦に助け合いの義務があるということの表れでもあるので
別居中であっても夫婦である以上、婚姻費用を受け取る権利があるんです。

特に専業主婦など自、分に十分な収入のない人は、請求を考えておきましょう。

子供がいる場合、別居であっても児童手当や児童扶養手当が貰えたりすることが
ありますので、役所などで確認しておきましょう。

もし本当に離婚を前提とした別居であれば住民票を移しておくことを
お勧めします。

その理由はこちら

そして最後に、話し合いの前に相手に勝手に離婚をされないために
「離婚届不受理申出」を市区町村役場でしておいてくださいね。

この手続きをしておけば、相手が勝手に離婚届を出そうとしても
受理されません。

万が一のためにね。

Sponsored Links

別居からの復縁は?

一方、お互いに冷却期間をおこうという理由で
別居する夫婦もいるわけですが、こういった別居期間を経て
復縁する夫婦がいるのも事実です。
(僕の友達もそうでした)

意外なことに離れてみた結果、冷静にお互いの良さを
再認識できたなんて場合は、復縁に至ります。

この場合の復縁のポイントは、
意外にも「しっかりと距離をとる」ことだそうです。

必要なことや重要なこと以外では頻繁に連絡をするのを
やめたほうがいいみたいですよ。

しっかりと1人にしてあげて自分のことを十分に振り返る
時間をあげたほうが、よいということですかね。

復縁を考えてる方は、ちょっと覚えておくとよさそうです。

まとめ

離婚に向かう別居にしても、復縁に向かうべきにしても
大きな決断であるかとは思います。

今回の記事が、そんなあなたの参考になればと思います。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする