離婚のときは両親への挨拶ってどうするの?

夫婦で話し合って離婚が決まりました。

このようになったら今までお世話になってきた人たちに
伝えなくてはなりませんね。

私も経験があるのですが、特に相手のご両親への
挨拶は本当に気が重いものです。

できれば行きたくなかったのですが
しかし、やはりケジメはつけなくては
ならぬと思い、結婚の申し込みの10倍の覚悟
で行ったことを思い出します。

今回はそんな離婚のご挨拶についてのお話です。

Sponsored Links

誰に挨拶しなくてはならないか?

まず、誰に挨拶しなくてはならないかですね。

お互いの両親

なんといっても外せません。
今までお世話になってきたのですから。
特に関係が良かった場合は辛さも倍増ですが
個々は覚悟していきましょう。

子ども

子どもがいる場合、実は1番辛い相手かもしれません。
挨拶というより説明ですかね。
子どもの年齢にもよりますが、傷つけないように細心の注意を
払って下さい。

兄弟や親戚

兄弟はそれぞれ本人が報告すれば良いと思いますが
親戚は意外と難しいです。
由緒ある家柄だったりするとメンツや世間体なども
ありますから、必ずご両親に相談してからしかるべき
タイミングで報告しましょう。

仲人

今は仲人を建てない人も多いようですが、いる場合は
ここにも挨拶が必要です。

職場の人や結婚式に呼んだ友人たち

特に女性の場合は旧姓にもどることが多いので
職場などでは報告しておいたほうが良いでしょう。

もちろんケースバイケースであるとも行っておきましょう。

挨拶しないのは人としてどうなの?と思うかもしれませんが
例えば離婚の原因が相手のDVなどの場合の両親への挨拶は
精神衛生上よろしくないこともあるでしょうし。

そこで改めて揉めて心を傷つけられることも考えられます。

円満に別れたのではない場合は代理人にはいってもらう方法
などもありますのでじっくり検討しましょう。

Sponsored Links

どう言えばよいか?

さて、どう言えば良いのでしょうか?

ご両親へのご挨拶を例に上げますと

「縁あって結婚させていただいたのにこのような結果になって
 申し訳ありません。」

と言う感じが一般的です。

「本当に残念だ」と一緒に悲しんでくれるか、「忍耐がたりない」と
更に罵倒されるかは、わかりません。

大事なのは、感情的に相手を非難する言葉だけは避けるということです。

挨拶(報告)のタイミングは?

最後に挨拶(報告)のタイミングです。

ひとことで言うと離婚を決めたら「出来るだけ早めに」となります。

一つだけ、経験上のアドバイスをしますと
離婚届にハンコを押してからにしたほうが良いです。

とりあえず離婚は決めたと言うだけの状況では
お金の問題や親権の問題など、まだその時点で
決まっていないこともあり、両者ではなしがつかず
ズルズルと離婚が長引くこともあるからです。

ですから、正式に離婚した後、せめて離婚届に判を押した後に
したほうが良いでしょう。

私も、あの日のことを思い出すと今でも心臓がドキドキして
酸っぱいものがこみ上げてきます。

しかし、今まで応援してくれた方々への礼儀ですので
今では、「ちゃんとご挨拶に行ってよかった」と思っています。

礼節をもってのぞめば、きっとわかっていただけます。

それでは。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする